30代おっさん見習いのモタスポlife。

30代のおっさん見習いのモタスポライフについて徒然に書いてく日記。

Super GT 2022 FSWテスト@GT300

先日で開幕2戦も終了してしまったスーパーGT

今更ながらよーやく富士テストの写真の整理が終わったので笑

 

ってことはまずはGT300編。

 

RUNUP RIVAUX GT-R

 

K-tunes RC F GT3

今年は新田&高木の往年の名コンビが復活(`・ω・´)

気が付けばRC Fもこの1台になっちゃったけど、マシン的には戦える速さもありそう。

 

Weibo Primez ランボルギーニ GT3

Weiboってあの中国のSNSよね?

小暮&元嶋コンビは今年も継続。

 

Bamboo Airways ランボルギーニ GT3

Bamboo Airwaysの方は初耳。

調べてみたらヴェトナムの航空機会社らしい(゜-゜)

JLOCのスポンサーは国際色豊か。

 

LEON PYRAMID AMG

アナウンサーの岡副麻希との結婚のニュースが記憶に新しい蒲生選手もいるレオン。

今年のパートナーは篠原拓朗。

篠原選手は平チェカカップとかで見かけて、すごい人がよさそーで地味に応援してます!(^^)!

 

SUBARU BRZ R&D SPORT

去年の覇者BRZは今年コンビ継続。

 

Syntium LMcorsa GR Supra GT

 

リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R

日産自動車大学校からメカニックチャレンジ になったのね。

このプログラム名、カッコよいな。

 

ARTA NSX GT3

ドライバー一新のARTA

武藤英紀は久々な感じ。

 

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

 

Arnage MC86

マシン一新、MC86になったアルナージュ。

 

植毛ケーズフロンティア GT-R

 

BUSOU raffinee GT-R

ドラゴはマシンもスポンサーも心機一転。

ドライバーも柳田&井出とひと昔前のニスモワークスってのが、またいいね^^

 

apr GR SPORT PRIUS GT

こっちのプリウスは継続。

やっぱりマシンバリエーションが多い方が賑やかだし、可能な限り残ってて欲しい...

 

apr GR86 GT

GR86にチェンジした30号車。

最近aprもあんま目立たないから頑張って欲しい。

 

HOPPY Schatz GR Supra

HOPPYもマシンをチェンジして、ポルシェからJAF GT規定で作成したスープラに。

HOPPYポルシェことホピ輔にも大分愛情沸いてきてたし、

なによりポルシェのスタイリング、サウンドが無くなって大分寂しいけど、

その寂しさを紛らわすくらい、このマシンには頑張ってほしいな~。

 

アールキューズ AMG GT3

去年大破クラッシュも経験したR'Qsはマシンカラーをレッドにチェンジ。

この赤が鮮やかでキレイ✨

でも、富士ラウンドで...やっちゃいましたねぇ...

 

シェイドレーシング GR86 GT

GR862台目はS耐にも参戦していた林テレンプことSHADEレーシング。

 

UPGARAGE NSX GT3

NSXも気が付けばこの1台。

小林選手の相方には新たに太田格之進が抜擢。

名前のインパクトが強くてF4時代からずっと気にはなってた笑

 

GAINER TANAX GT-R

 

TANAX GAINER GT-R

ゲイナー10号車はなんか壊れてた(ノД`)・゜・。

 

PACIFIC hololive NAC Ferrari

ホロライブとタッグを組んだパシフィックレーシング。

テストのときはフェラーリレッドだったけど、本戦仕様はガラっとイメチェンしてました💡

 

Studie BMW M4

デカっ鼻でお馴染みのM4 GT3にスイッチしたスタディ

このアングルはカッコいいんだけどねぇ...笑

 

 Team LeMans Audi R8 LMS

このチームは本山選手のイメージ強いんだけど、ゴタゴタで第2戦では登録解除に...

なんだかな~。

 

マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号

グランツーリスモ世界チャンピオンの冨林勇佑が加わったマッハ号。

過去外国人ドライバーではe-sports出身ドライバーがGT走ることあったけど、

日本人では無かった記憶なんで、是非とも頑張って欲しい!

 

グッドスマイル 初音ミク AMG

今年は鮮やかなグリーンになったミクさん。

フレッシュで良いね👍

 

muta Racing GR86 GT

3台目のGR 86はmuta。

 

 

はい、ってことでGT300はここまで。

正直この前FSWで第2戦を観戦してきた身としては

2022年の布陣見て語ることも無いんだけど(笑)、

GR 86につちやスープラといったJAF GT勢とM4 GT3といった新車が投入された今シーズン、見どころが満載(゚∀゚)

 

GWの活気が戻ってきた♪ Super GT@FSW

 

さて、先日はGWの恒例行事であるSuper GT観戦に行ってまいりました♪

 

コロナ禍以降、初の行動制限が無いGW。

 

駐車券とか手に入らんし、

あまりにもの人の多さに面食らっちゃって、

「今回の最上最大級に混んでるんじゃ、、、」なんて思っちゃったけど、

予選・決勝で述べ7万5千人くらい?

 

 

確かに多いけど、過去最高って訳でもないね。

いつの間にか人のいないレースに慣れちゃってたな~*1

 

人が戻ってきて、自由気ままにあっち行ったりこっち行ったりが出来なくなって、

ちと不便だけど、やっぱサーキットはこんな感じで賑やかじゃないとね♪

 

 

さて、そんなサーキットの光景を少し。

 

グラスタ裏の展示車両。

今度できるトヨタのモタスポ博物館からFUJITSUスポンサーのGr.Aスープラ

 

ホイールまで真っ青ってのは中々特徴的よね(゜-゜)

 

70スープラは通勤途中の駐車場に1台止まってるので、

そこでちょこちょこ見るけど、他じゃすっかり見なくなってしまって…

時代ですね。

 

 

そしても1台。

new Z。

ケツのラインがたまらん(・∀・)

 

新しいZはテールランプのデザインがいっちゃん好きっす。

 

 

そしてお昼のサーキットに目をうつすと、

今や富士のスーパーGTの恒例行事となった”ヨシ・ムロヤ”のフライトパフォーマンス。

 

今回はいつもの地上とのコラボじゃなくて、模擬エアレースパフォーマンスを披露。

 

自分としてはてっきりいつもどーりの内容かと思って、

いつもと違ってモニター無いトコで見ちゃってたので、パイロンとかよく分かんなかったわ笑

 

めっちゃっ速のフライトにはテンション上がったけど^^

 

 

そして、こちらはかつての恒例行事ピットウォークの光景。

 

 

 

去年まではグリッドウォークってことで、ドライバーもいないし少し寂しい雰囲気だったけど、

そこから大分華やかに♪

 

レースクイーンのお姉さま方も(`・ω・´)

 

顔が隠れちゃうマスクだけど、こうカッコいいマスクつけてると、

これはこれでコスチュームの一部みたいでアリっすよね。

 

 

あとそーいえば、↑の写真にもあるけど、

タイヤ付けて降ろしているマシンがけっこー多かった。

これは朝の比較的早い時間の開催だったからとかあんかな?

 

コース上とはまた違った見え方するんで、写真撮る側としてはありがたい(´▽`)

 

 

たださすがに昔みたいにドライバーと一緒に写真撮ったりとか、

ステッカーとかのグッズ配りはなかったねー。

 

選手と直に触れ合えるってのは、他のスポーツじゃ中々無いと思うし、

いつか復活して欲しいもんですなー。

 

てこと、とりあえず見つけた笹原と大湯の写真を。

大湯はけっこーアクセとかつけてて、ロック系の雰囲気だった。

けっこ~意外笑

 

 

あとピットの端には、先日亡くなった国さん追悼のブースが。

 

そういえばホンダのブースにも。

 

正直、現役時代の走りを観れた時間ってのはほとんどなかったけど、

こうやってその歩みをしるす展示を見ると、色々感じるところはありますね。

 

改めてR.I.P.

 

 

さてレースの方はというと、

GT300は10号車ゲイナー、

 

GT500はこのお二方(二人ともけっこー小柄なのね)が駆るARTAが優勝という結果に。

 

 

こちらについては、まー、ネットニュースとかにもけっこーなってたけど、

赤旗2回の末に規定周回未達のSCランフィニッシュ、という

なんとも後味がイマイチな結末(・´з`・)

 

2回目の赤旗に絡んだ関口のドライビングが色々物議をかもしだしてますが、

まぁ難しいトコですよね(; ・`д・´)

 

300のピットイン車両のスリップの後、

次のスリップについた車両がスロー走行車両ってことで

その車両をギリギリに避けた中で発生したクラッシュ。

 

自分も高速道路とかで前の車両が思ったよりも遅くて慌てて減速することもあるし

直線上にいる車両の速度差ってけっこー掴み辛いのよね...

 

とは言え走ってるのは、プロのドライバーなんだから、、、てのもあるとは思うけど...

 

まっ、この辺りは関係者が色々議論をしているコトでしょう(`・ω・´)

 

 

とりあえずは現地であのクラッシュを観た瞬間は、

最悪の展開もよぎっただけに、高星が軽傷で済んだのはホント良かった♪

 

 

次の鈴鹿は是非走り切っての決着が見たいもんです^^;

*1:+_+

Super Formula'22@FSW ②

 

少し間が空いちゃったけど、パート2。

 

SF本戦(`・ω・´)

 

今年度のスーパーフォーミュラは、

”SUPER FORMULA NEXT50(ネクスト ゴー)”と銘打たれて、

先の時代を見据えた展開も色々な形でトライがなされていて、

いちモタスポファンとしてもなかなか興味深いコトになってる中で迎えた開幕戦。

 

会場にはその次世代に向けたテスト車両の展示も。

 

こちらはホンダエンジンを搭載した白虎("びゃっこ"ではなくて、しろとらだったハズ…)。

もう1台、展示はされてなかったけど、トヨタエンジンを搭載した赤虎との2台で

バトルのしやすいマシンだとか、SDGsなレースを目指した新燃料の使用、

あとは新素材ボディとかいろいろなコトをテストしてるみたい。

www.as-web.jp

 

今までに無いよーなアプローチだと思うし、

こういった土台を経て作られたレースってのはきっといいものになると思ってます(`・ω・´)

 

あとはグラスタ裏のブースもこんな感じで、

各チーム毎のテントが出てたり、ってのも新たな要素の一環かな。

 

例えばドコモのブースでは歴代のドライバーのスーツが飾られていたり。

 

残念ながら、チームによってコンテンツの充実度がかなりバラけてる感じ(道上さんのトコとかけっこー寂しい雰囲気(ノД`)・゜・。)だったけど、

こういったのも盛り上がってくればきっといい感じのモノになるなーなんて思っとります。

 

 

さてそんな思いを抱きながら観戦した、今回のSF。

今回もマシンの写真たちで。

 

ThreeBond Drago CORSE

富士ラウンドの次の鈴鹿も終わって、未だノーポイントのドラゴコルセ。

今年は福住仁嶺がドライバー。

 

 

carenex TEAM IMPUL

関口は今一つ波に乗れて無い感じだけど、平川は特に第1戦は圧巻だった!

作戦上一度は先行を許した野尻を、きっちり抜き返すメンタルの強さはカッコ良いよね。

1戦目はダンロップシケインで観戦してて、

立ち上がりアウト側から被せにいった瞬間も生で観てたけど、

まさかあそこで仕掛けるか?! って感じ。

 

 

 

 

TEAM GOH

SFには新規参戦になるTEAM GOH。

ドライバーも三宅淳詞と佐藤蓮というフレッシュコンビだけど、

新しいものづくめの中ではなかなかの活躍っぷり。

ホンダF1の山本雅史さんが入ってるってのもデカいんかな?

 

ちなみにこのチームは2台がそれぞれカラーリングが全然違う。

最初同チームだと思わんかった^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B-Max Racing Team

松下信治擁するB-Max

なんとこの次の鈴鹿では初優勝。

1台体制でなかなか難しいトコあると思うけど、素晴らしいですな!(^^)!

 

 

 

 

P.MU/CERUMO・INGING

かつてのチャンピオンチームもかなり苦戦している様子…

 

 

 

TCS NAKAJIMA RACING

そういう意味でいうとこっちも同じですよね^^;

山本尚貴だって上位にほとんど出てこないし...

 

 

 

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

トムスもねー、もっと上位に顔出してきてもよさそーな気がするけど...

上述の2台に比べたら、まだマシなんだろーけど、過去に比べると沈んでる感が否めない。。。

 

 

 

 

 

 

 

TEAM MUGEN

野尻はホント強いっすね~。

ちょっと前までは、速さはあるけど強さが足りない感 があったけど、

今はその強さも備わって隙が無い。

チャンピオンの風格漂ってます(`・ω・´)

 

一方の笹原もフロントロー獲得と速さはあったけど、決勝は両日ともにスタートでストール...

単純なミスだけじゃないよーなトコもあり、色々残念...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KONDO RACING

サッシャとヤマケンのコンビで挑むKONDOレーシング。

今シーズン優勝はまだ無いけど、コンスタントに上位を走ってるし、

今後は色々やってくれそう(^^♪

 

 

 

 

 

 

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

大津のマシンはDOCOMOなくて、ahamoになってるのね。

 

 

 

 

 

 

KCMG

イメージがガラっと変わってますな。

正直なトコロ、以前の青白のイメージカラーがじゃなくなって、ちと残念(・´з`・)

 

 

 

 

 

docomo business ROOKIE

ROOKIEレーシングからは参戦の大嶋さん号なんだけど、

前情報無しで乗り込んだレースウィークの中では、

正直普通のドコモチームとのカラーリング差見抜けずに、

そもそも参戦してるのかもよく分からない状態で、現地観戦してた笑

 

正直、やめて欲しい笑

 

 

 

 

 

てな感じ。

前述の通り、久々に観たSFだけど、以前よりもオーバーテイクボタンの効きが強くなったのか、

バトルがかなり繰り広げられていて、けっこースリリングな戦いだった(゚∀゚)

 

自分自身がかなりGTに傾倒しちゃってる身なのであんま説得力ないけど、

こんなスゴイレースはもっと盛り上がるべきっすよね(`・ω・´)

 

とりあえず現地行かんでも、ちゃんと各戦フォローするところから始めないと💦

 

 

次は桜の季節じゃなくて、太陽照る7月の富士かな!!

Super Formula'22@FSW ①

 

先々週にFSWでやってたSFことSuper Formula観戦行ってきましたー♪

 

去年は確かスキップしたから2年振りの観戦かな。

 

当日、サーキット行くと満開の桜がお出迎えしてくれました(´▽`*)

f:id:NASSHI:20220417111018j:plain

 

長年FSW通ってるけど、ここで桜を見るのってもしかして初めてかも…

なんか新鮮^^

 

ちなみに今回は土日観戦で、春の陽気を超えた季節外れの暑さになるって予報もあったけど、

蓋開けてみれば、土曜はかなり風が吹き荒れてて、体感的にはけっこー肌寒かった。

 

土曜のSF決勝終わりに場内実況のピエールさんが、

「解説席にいて体感はできてないですが、今日はみなさん暖かったのでは」的なコトをつぶやいて、

現地観戦組の反感(笑)を買うよーな一幕もあったくらい笑

 

まー、日曜は予報の通りで日焼けするくらいのレベルだったけど^^;

 

 

さて今回のSF、本チャンのレースの他にも

旧F3であるSUPER FORMULA LIGHTS、

世界選手権も実施されるFFツーリングカーレースであるTCR JAPAN、

あとはワンメイクで最も敷居が低いのかな、N-ONE OWNER'Sカップ

ともりだくさん(・ω・)

 

まずはそんなサポートレースの写真からー。

 

ってことで、SUPER FORMULA LIGHTS。

 

真っ黒なルーニースポーツの植田さん号。

f:id:NASSHI:20220417111235j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111014j:plain

 

トムスの36号車はなにやらトムスっぽくないカラーリング。

f:id:NASSHI:20220417111218j:plain

 

これは、どこのチームだろ?( 一一)

f:id:NASSHI:20220417111259j:plain

 

今季Hoppy号にも乗る野中誠太。

まだ顔が覚えれてなーい(;_;)

f:id:NASSHI:20220417111308j:plain

 

HFDP。

太田格之進と木村偉織。名前のカッコ良さ的にはNo.1

f:id:NASSHI:20220417111222j:plain

 

こちらもトムス。

ドライバーは小高一斗と平良響。

f:id:NASSHI:20220417111255j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111231j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111250j:plain

 

ヘルムの平木兄弟。

f:id:NASSHI:20220417111240j:plain

 

B-MAX号。

菅波冬悟とDRAGONさんかな。

f:id:NASSHI:20220417111303j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111245j:plain

 

 

この路面にピント合っちゃうくらいの低いアングル、好き♪
全然撮った記憶ないんだけど笑

f:id:NASSHI:20220417111226j:plain

 

 

GTの併催でF4もやるよーになったのがデカいんだろーけど、

ひと昔前は上位数名のドライバーぐらいしか聞いたコトないよーなイメージだったけど、

今回とかほとんど名前は聞いたコトあるよーな人たちで^^

 

 

さて、ちょっと箸休めで、場内の様子を。

 

いつものGTとはちと違った展示がちらほら。

 

まずはちと前にニュースになったFSW周辺の開発の宣伝ブースが出。

ここではトヨタ7が鎮座。

f:id:NASSHI:20220417111031j:plain

 

当時のコトよく知らんくていっつも思うんだけど、ヘッドライトとか無いのはエエんかな?

雨のレースとかけっこーキツイ気がするんだけど...

 

あとフロントサイドのステッカー、よく見たらDAIHATSUYAMAHAっすね。

 

 

こちらはインパルブースで展示されてたインパルAURA。

f:id:NASSHI:20220417111036j:plain

エエな、ニスモよりもこっちの方が好み♪

 

あとはヨコハマブース。

ここでは先日ご逝去された国さんこと高橋国光が乗った車両が展示。

この時代のマシンは武骨な雰囲気が良いっすね~。

f:id:NASSHI:20220417115413j:plain

 

これまた詳しくないから、アレなんだけど、

先日Youtubeのおススメ動画でこれ流れてきてて見たんだけど、

この辺りのマシンなんかな。

(こっちも国さん出てるけど、こっちはカーナンバー25っすね。)

www.youtube.com

 

一昨年RAYBRIGがチャンピオン獲った時とか元気そうだったのになー。

ご冥福をお祈りいたします。

f:id:NASSHI:20220417121926j:plain

 

 

 

さってコースに目を戻して、今度はTCR JAPANの方に。

 

 

アウディRS3。

最近モデルチェンジした?面構えがなんか悪くなった気がする…

f:id:NASSHI:20220417111044j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111213j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111140j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111131j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111059j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111154j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111135j:plain

 

 

アルファロメオ ジュリエッタ

f:id:NASSHI:20220417111054j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111049j:plain

 

日本車からはFK8シビック

f:id:NASSHI:20220417111115j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111119j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111125j:plain

 

 

日本じゃまず見ない?クプラ。

今回一番早かったっおクルマ。けっこーカッコ良いのよね^^

f:id:NASSHI:20220417111104j:plain

 

リアはメガーヌとかカローラ的なテイストを感じる。

f:id:NASSHI:20220417111159j:plain

 

 

インリフトがハコっぽくて良い♪

f:id:NASSHI:20220417111149j:plain

 

 

あと台数少ないけど、バトルはけっこーある!

f:id:NASSHI:20220417111040j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111110j:plain

 

f:id:NASSHI:20220417111145j:plain

 

 

でもシリーズ発足当初はもっと盛り上がるかと思ったけど、なかなか台数も増えないっすねぇ(´ρ`)

ハコ車好きとしてはもっと多種多様なレーシングカーを見たいな~。

 

 

ちな、N-ONEは1コーナースタンドで観ただけだったんで、写真はこの1枚^^;

f:id:NASSHI:20220417111209j:plain

 

ってことで、パート1はこれで終わりー。

レース自体はけっこーあったけど、個人的には余裕あるスケジュールで回れたかな♪

 

お次はSF本編(`・ω・´)

トヨタ博物館とは名ばかり笑④ 文化・芸術編

 

④まで来てしまいました...笑

 

ここまで数々の世界の名車を見せつけられた、この博物館。

 

更にスゴイのが自動車の文化・芸術的側面で捉えて、

そんな展示もあったり。

 

そのエリアに行くと早速、ロールスロイスがお出迎え。

f:id:NASSHI:20220410191639j:plain

 

昔のクルマにはよく取りついてたオーナメント。

そんなオーナメントを集めた展示。

 

 

まぁ~、色々あるわあるわ。これも一種の芸術作品よね。

 

 

その奥にはまた趣が変わってこんなものも。

f:id:NASSHI:20220410192630j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410192609j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410192624j:plain

 

 

いわゆるおもちゃコーナーですな(・∀・)

 

プラモデルなんて見たことないの沢山あるし。

スーパーカー消しゴムなんて懐かしの品も♪

 

更にはゲームにミニ四駆と、

この辺りはまぁ当時世代だった自分が目を輝かせてきたものばかり。

(ゲームもグランツーリスモといった実車を題材にしたものだけじゃなく、

マリカーとかリッジレーサーとか、

クルマ好きじゃなくても遊んだよーなヤツとか展示されてるのがまたイイ^^)

 

 

そしてこちらは世界のナンバープレート。

f:id:NASSHI:20220410192615j:plain

こう見ると日本のナンバープレートって、世界的にはマイナーな形なのね。

細長いヤツが多い。

 

更にはこんなヤツまで。

f:id:NASSHI:20220410192619j:plain

自動車系切手。

横のカイル・ブッシュを差し置いてのアンドレッティの存在感笑

 

そしてオーナメントがあるくらいだから、もちろんエンブレムもありまっす。

この辺りはお馴染みっすな。にしても日野、でっか笑

f:id:NASSHI:20220410193820j:plain

 

 

もちろん世界のも。しかもこちらはクラシカルなやつ。

f:id:NASSHI:20220410193830j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410193825j:plain

 

エンブレムはこの写真以外にもたっくさんあって。

そのほとんどが戦前戦後直後ぐらいまでで無くなったメーカーで。

改めて今の自動車ってのは色んなモノの積み重ねで存在してるんだな~って。

 

そしてこのエリアの壁一面には...

歴史を感じるこんなモノが。

f:id:NASSHI:20220410194958j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410195002j:plain

 

今も続く雑誌の創刊号。

f:id:NASSHI:20220410194909j:plain

 

AutoSportなんかはよく振り返り記事なんかで見かけますわね。

f:id:NASSHI:20220410195011j:plain

 

あとは自動車のパンフレット。

名車はケツで語る。

f:id:NASSHI:20220410195007j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410194953j:plain

 

f:id:NASSHI:20220410194948j:plain

 

しかし、昔のパンフレットはいちいちキャッチコピーがあって良い♪

 

ケンメリことケンとメリーのスカイライン

f:id:NASSHI:20220410194842j:plain

 

こんなんもあるんね。

男と女とバラとスタンザ byスタンザ

f:id:NASSHI:20220410194935j:plain

 

これは、もう「かっとび」だ。 byスターレット

f:id:NASSHI:20220410194851j:plain

 

シティは、ニュースにあふれてる。 by シティ

f:id:NASSHI:20220410194856j:plain

 

名ばかりのGT達は、道をあける。 by セリカ

ちなみに名ばかりのGT呼ばわりされたのはスカイラインさん(;_;)

f:id:NASSHI:20220410194847j:plain

 

すべてのGTを、超えて存在する byソアラ

f:id:NASSHI:20220410194901j:plain

 

サイバー・スポーツ byCR-X

f:id:NASSHI:20220410194913j:plain

 

さあ、走ろうか。 by プレリュード

いいね、やる気にさせてくれる。

f:id:NASSHI:20220410194944j:plain

 

だれもが、しあわせになる。 by ロードスター

f:id:NASSHI:20220410194920j:plain

 

あとは、ドライバーだ。 by RX-7

今じゃ名車となってるけど、新車としてこれを言うとはなかなか挑戦的♡

f:id:NASSHI:20220410194925j:plain

 

背中にはふたりを酔わせるハートがある。 by MR-2

いやぁ、オシャレやなぁ。。。

f:id:NASSHI:20220410194930j:plain

 

限界域への独走 by スープラ

f:id:NASSHI:20220410194939j:plain

 

 

多分考えに考え抜いたコピーなんでしょう。

どれも印象に残る。

今でもけっこー語り継がれてるのもあるしねー。

 

 

 

とまぁ、もりだくさんだったけど、

他にもたくさんのミニカーが展示されてたり、

象徴的なクルマが登場する小説やマンガ、映画なんかの展示もあったり、

色んな側面でクルマを捉えられる、ある意味一番ステキな空間だった♪

 

このエリア回ってて、

近くにいたおばあちゃんなんかはスーパーカー消しゴム見ながら

息子がちっちゃい時はこれもってたわ~的な会話してたりとか、

ミニカーでスープラ見つけたこれまたおばちゃんが

そういえばスープラ展示さてなかったね~とか、

いろんな話聞こえてきたのもまたいいな~なんて。

 

 

他にも図書館とかもあるらしいね。

時間なかったからいけなかったけど。

 

 

しかし、ホント素晴らしい空間ですね、ココ。

 

そーいや先日ニュースにこんな記事載ってたけど、

ここにあるモータースポーツミュージアムトヨタ博物館監修するのね。

楽しみ♪

response.jp

トヨタ博物館とは名ばかり笑③ ラリーカー編

 

さて、これまでクルマの歴史を一通り学び終えたところで、

ここからは企画展です。

 

今はモタスポファンのワタクシにとってはもってこいのWRC特集(´▽`)

 

ってことで、場所を移すと…

2.5次元ってコンセプトで、セリカのおケツがお出迎え。

f:id:NASSHI:20220403165346j:plain

 

その裏側はというと、、、

f:id:NASSHI:20220403165357j:plain

185セリカとの横並び。

 

更には私の大好物のヨーロピアカローラ

f:id:NASSHI:20220403165402j:plain

 

そして今となっては同じトヨタ系の位置づけってことで、スバル。

f:id:NASSHI:20220403165351j:plain

インプとレガシイのコンビっすね。

 

なんかこの辺り、既視感あるなーっと思ったら、

以前行ったTGRFと同じラインナップだ笑

 

また出会いましたね(^_-)

 

 

ただ、その他メーカーはお初orお久しな感じで新鮮。

まずは三菱。

お初のコルトランサー。

f:id:NASSHI:20220403165426j:plain

 

そして奥にチラ見えしてしまっているランエボ6。

市販車のTMEことトミ・マキネン エディションはまんまこのスタイリングで

カッコよかったな~。

f:id:NASSHI:20220403165407j:plain

 

お次はダイハツ

あまりイメージなかったけど、シャレードサファリラリーに参戦してたみたい。

f:id:NASSHI:20220403165327j:plain

 

一瞬こっちはカルタスかと思っちゃった笑

f:id:NASSHI:20220403165342j:plain

 

次、マツダ

こっちもラリーのイメージないけど、SA時代に走ってたらしい。

f:id:NASSHI:20220403165337j:plain

 

f:id:NASSHI:20220403165422j:plain

ラリー仕様のSAってヨーロッパ車的ないで立ちっすね。

 

そして日産。

240Zはイベントでちょこちょこ見かけるイメージ。

新型Z出たコトで、ここらの出番も今後増えそうな予感…(・ω・)

f:id:NASSHI:20220403165412j:plain

 

こっちはベース車すら知らんかったんだけど、バイオレット。

このクルマはニスモフェスティバルとかでも展示されてたんかな?

今まで全然存在把握できてなかった笑

f:id:NASSHI:20220403165417j:plain

 

 

最後はスズキ。

ZC31スイフトJWRC参戦車っすかね。

自分が高校生くらいの時からSUZUKIのWRC参戦への道、みたいな感じで

AutoSportとかでもよく記事載ってたからおっかけてたなー。

f:id:NASSHI:20220403165332j:plain

 

そしてSX4 WRCとなる訳なんだけど、

リーマンショックの影響で大して参戦もできずに終わってしまった。

当時はいつかSUZUKIはWRCの覇権を獲ると信じて疑ってなかっただけに、残念だったな~。

f:id:NASSHI:20220403165322j:plain

 

とまぁ、ここでも自分のところに留まらず、

各社のレジェンドを集めてきちゃうあたりにトヨタの凄さを感じます(; ・`д・´)

 

そしてなにより驚きなのが、、、

 

博物館はまだつづく。。。。

トヨタ博物館とは名ばかり笑② 近代のクルマ編

 

舞台は移って博物館3F。

 

3Fではクラウンがお出迎え。

f:id:NASSHI:20220403143558j:plain

 

内容、当時もこんな鮮やかなブルーだったんかな。

おしゃれ。

f:id:NASSHI:20220403143553j:plain

 

 

そしてこのクラウンの後ろには、創業者の豊田喜一郎さんが。

モリゾーさんのおじいちゃんっすね。

けっこー似てる笑

f:id:NASSHI:20220403143540j:plain

 

当時の図面。

アッセンブリーだからなのか、割とシンプル。

f:id:NASSHI:20220403143549j:plain

 

書いてある内容、今のエンジニアとしても大事な精神だな~なんて思いながら読んだ。もう中身忘れちゃったけど笑

f:id:NASSHI:20220403143544j:plain

 

 

では、歩いていきましょ。

 

キャデラック エルドラド ビアリッツ

エルドラドって言うと、ローライダーのイメージ。

f:id:NASSHI:20220403144553j:plain

 

お次はこちら。

f:id:NASSHI:20220403144743j:plain

 

そう、ランクルです。

この手のクルマ全然詳しくないんだけど、これは2代目みたいね。

意外とコンパクト。

f:id:NASSHI:20220403144737j:plain

 

おしゃれな2台。

フォルクスワーゲン タイプ1(輸出仕様)

シトロエン 2CV タイプ A。

f:id:NASSHI:20220403145007j:plain

 

ビートルはやっぱ近代モデルより、この手の古いモデルがおしゃれよね( ^^) 

そして2CVと言えば、やっぱカリオストロの城やね。

ここに展示されるくらいのクルマだけど、通勤でしょっちゅう見かけるから、

個人的には割と日常に溶け込んでる笑

 

ダイハツ ミゼット DKA型。

初代ってこんな感じだったのね。

f:id:NASSHI:20220403145013j:plain

 

モーリス ミニ マイナー

ミニ・クーパーってクルマが初めっからあったかと思ってたんだけど、そーじゃないのね。

f:id:NASSHI:20220403145019j:plain

 

そしてこれに対する日本のコンパクト、

てんとうむしこと、スバル 360 K111型。

f:id:NASSHI:20220403145023j:plain

リアが、何ていうのかな。ポジキャン状態になってて最初壊れてるのかとも思ったけど

反対側も同じよーになってたから、元からこーゆー仕様?

 

こっから懐かしい名前がつづきます。

ツラが完全にアメ車みたいな プリンス グロリア スーパー6 41型。

f:id:NASSHI:20220403150908j:plain

 

トヨペット コロナ RT40型。

ウチの実家のクルマ、自分が物心ついた時の1台目がこの後のコロナだった。

そんなことを思い出し、ネットで調べたものの

出てくる検索結果は流行りの”コロナ”ばっかり。いやになっちゃうね(・´з`・)

 

f:id:NASSHI:20220403150913j:plain

 

マツダ キャロル KPDA型。

そーいや現行キャロルはアルトのOEMで売ってたね。

f:id:NASSHI:20220403151852j:plain

 

このクルマもどっか近所止まってたよーな、、、

ホンダ N360

f:id:NASSHI:20220403151856j:plain

 

ダットサン フェアレディ SP310型

今年出るZもこのクルマあってこそ。

f:id:NASSHI:20220403151902j:plain

 

ヨタハチことトヨタ スポーツ800 UP15型。

最近NOB谷口がこのクルマで1台作ってたね。

4A-Gのっけてドリっててなかなかの画だったけど笑

f:id:NASSHI:20220403153104j:plain

 

そして2000GT

バックには谷田部で、なんかの記録に挑む映像も流れてたけど、、、、

当たり前だけど時代を感じましたね^^;

f:id:NASSHI:20220403153109j:plain

 

ジャガー Eタイプ ロードスター

工藤新一のお母さんが乗ってたよね。

f:id:NASSHI:20220403153113j:plain

 

ニッサン シルビア CSP311型。

最近、このシルビアのカッコ良さが分かってきたかも…

f:id:NASSHI:20220403153117j:plain

 

マツダ コスモスポーツ L10B型.

名車ですな(`・ω・´)

f:id:NASSHI:20220403153122j:plain

 

そして我らがスカイラインも。

ニッサン プリンス スカイライン 2000GT-B S54型。

昔のツーリングカーレースとかでよく出てくるやつよね。

f:id:NASSHI:20220403153127j:plain

 

いわゆるダルマセリカってやつ?

トヨタ セリカ TA22型。

昔のクルマは色々愛称あってよいよねー。

f:id:NASSHI:20220403153131j:plain

 

三菱 コルト ギャラン GTO-MR A53C型。

うちのおじいちゃんがギャラン乗ってた。

もちろんこれよりずっと後の型だけど。

f:id:NASSHI:20220403153136j:plain

 

いすゞもこーゆー車作ってたんだよねー。

いすゞ 117クーペ PA90型f:id:NASSHI:20220403153140j:plain

 

国産がコーナーを抜けて外車コーナーへ。

フィアット ヌォーヴァ 500L

こちらもルパンでおなじみのチンクエチェント。

f:id:NASSHI:20220403153145j:plain

 

ルノー 5

どっちかってっとGr.B車両のイメージが強いな💪

f:id:NASSHI:20220403153150j:plain

 

この辺はラリーのイメージかな?

フォルクスワーゲン ゴルフ。

f:id:NASSHI:20220403153155j:plain

 

おっと、外車勢に挟まれてこのおクルマも。

マツダ ファミリア BD型

f:id:NASSHI:20220403153200j:plain

 

アウディ クワトロ。

高性能4WDの先駆けと言えばこのクルマかな。

コイツもラリーのイメージ強いかな~。

f:id:NASSHI:20220403153204j:plain

 

メルセデス ベンツ 560SEL W126型。

ザ・ベンツって感じよね。

小さい頃のベンツといえばこのクルマみたいのをイメージしてた。

f:id:NASSHI:20220403153209j:plain

 

なんだろ、特に具体的な思い出は無いけど、とにかくなつかし~(^^♪

トヨタ ソアラ 2800 GT-EXTRA

f:id:NASSHI:20220403153213j:plain

 

ホンダ NSX NA1型

残念ながら現行NSXも今年で終わり。

このクルマもベストモータリングとかで、しょっちゅー見てたなー。

f:id:NASSHI:20220403153222j:plain

 

トヨタ カローラ レビン AE86型。

ガワだけとは言え、今でもD1で見たりするし、コチラも名車。

ちなみにワタクシはレビンのハッチバック仕様のスタイルが一番好き。

f:id:NASSHI:20220403153226j:plain

 

とにかくエンジンサウンドが美しい、ってよく言われますね。

Lexus LFA

f:id:NASSHI:20220403153232j:plain

 

日産 スカイライン GT-R BNR32型。

ピッカピカのBNR32、エェなぁー。

f:id:NASSHI:20220403153238j:plain

 

ユーノス ロードスター

NA,NB,NC,NDとちゃくちゃくとロードスターの系譜は続いてきてますね。

この電動化時代でこーゆー車も生き残って欲しいっすね。

f:id:NASSHI:20220403153242j:plain

 

、、、というか、トヨタ博物館っていったらふつーこーゆーの想像するよね、の光景。

エスティマセルシオハリアー。(奥の2台は実はレクサス仕様だけど)

f:id:NASSHI:20220403153217j:plain

 

更に奥にはこれから続く電気自動車への時代に向けたクルマ達。

f:id:NASSHI:20220403153247j:plain

 

モトールヴァーゲンから150年弱くらい?

これからのクルマ達はどう変わってくんだろう。

 

そして、、、、

 

 

 

博物館はまだまだ続く笑

f:id:NASSHI:20220403150917j:plain